演劇人のリアル
あなたの活力源は?

PROFILE

しもじょうあとむ○46年生まれ。東京都出身。劇団民藝俳優教室を経て演劇集団独立社を結成。その後、多くのテレビ、映画、舞台に出演。「世界ウルルン滞在記」のナレーションやエディ・マーフィーの吹き替えでも知られる。最近の舞台は、『とんでもない女』(07年)、『思ヒ出ニ、タダイマ!』(08年)、『ダモイ~収容所から来た遺書~』(10年)など。

下條アトム

下條アトム

質問を聞いただけで身体じゅうが痛くなりました。いろいろな別れを繰り返してきたものですから(笑)。
離婚結婚を繰り返しまして、一人で暮らし初めました。それで今、『欺瞞と戯言』じゃないですけど「孤独と自由」、いや「自由と孤独」かな。その狭間でうろたえながら、エネルギーをどこで出していこうかを探しているんですけどね、この年で。
普通は家族を持って老後どうしようという「守り」をしていかなくちゃいけないんですが、ずっと攻め続けて。ワガママに(笑)、「我儘と勝手」。 それが活力とは思いたくないし、ゴールがあるとしたら、そこじゃないだろうと思うんです。ゴールが見えなくて右往左往しているから、もしかしたら探してるってことが活力になっているのかな。役者に対して、演技に対して、作品に対して、ゴールをし探しているし、プライベートの自分の生き様もね。 とくに生き方と役者というのはほぼ同じスタンスで、どう生きるかによってどういう役者になるかというのがあるから。
親父が「いい役者になるには、その前にちゃんとした人間であれ」って言われ続けてきたんですよ。でもいまだにそこに行けなくてね(笑)。

◇公演情報
『欺瞞と戯言』
作・演出◇中津留章仁
出演◇竹下景子 長谷川初範 真山章志 岸田茜 下條アトム
11/2~11/11◎本多劇場 他
<お問い合わせ>
トム・プロジェクト 03-5371-1153


BACK NUMBER
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り