演劇人のリアル
あなたの活力源は?

PROFILE

おのでらしゅうじ○66年生まれ、北海道出身。95年に日本マイム研究所に所属していた高橋淳、藤田桃子と共にパフォーマンスシアター「水と油」を結成。06年に「水と油」の活動を休止し、その後、カンパニーデラシネラを立ち上げる。近年では振付やステージングもこなし、10年には『叔母との旅』のステージング、『ハーパー・リーガン』の振付で第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞を受賞している。

小野寺修二

小野寺修二

喫茶店に行くことですかね。もう好きとかではなくて、ちょっとした日常になっているんですが、365日中300日は喫茶店にいると思います。仕事に集中していたり、ちょっと周りを観察してみたり(笑)。
例えば、あの遠くに座ってるカップル、なんとなく変な空気だな…みたいな。案外、人が揉めているところとかって見ないじゃないですか。そういうときの視線の落とし方とか、仕草って、見ていると面白いんです。というと「いつも勉強してるんですね」なんて言われてしまうんですが、そうではなくてもう、ちょっとした覗きみたいなことで(笑)。
そうやって人混みの中にいて、人が動くのを見ているのが好きなので、もしホテルの部屋を用意されて、そこで缶詰で何かを考えろと言われたら、僕は何も作れなくなると思います(笑)。
なので、活力源、ほっとする場所、というのは喫茶店ですね。

◇公演情報
アトリエ・ダンカン/デラシネラ プロデュース
『日々の暮し方』
原作◇別役実(白水Uブックス刊)
構成・演出◇小野寺修二
脚本◇きたむらけんじ
美術・アートディレクション◇中山ダイスケ(daicon ine.)
出演◇南果歩 川合ロン 藤田桃子 矢沢誠 吉村和顕 小野寺修二 ほか

10 /18〜28◎東池袋 あうるすぽっと(※東京公演後地方公演あり)

<お問い合わせ>
03−3475−0360(平日12時〜18時)


BACK NUMBER
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り