演劇人のリアル
あなたの活力源は?

PROFILE

しゅどうけんゆう○64年生まれ。兵庫県出身。東京ハートブレイカーズ代表。俳優。好きさ★、THE APOLLO BOYZでのバンド活動や朗読のライブ、CMのナレーションなど幅広く活動中。

おかだたつや○68年生まれ。鳥取県出身。92年、演劇集団キャラメルボックスに入団。以降、劇団公演に数多く出演、二枚目からコミカルな役どころまで多彩に演じる。近年は外部公演にも積極的に参加、俳優としての幅を広げている。

首藤健祐、岡田達也

首藤健祐、岡田達也

岡田:首藤さんは、音楽だったりするよね?
首藤:何でしょうね?
岡田:楽しい気持ちにさせてくれることだから。たとえば中古レコードを探しているときとか。
首藤:そうですね。アナログ盤はね、なかなかないんですよね。だから見つかるとうれしいですよ。今日もこの取材が終わったら、せっかく中野に来たんだから、北口のディスクユニオンに行こうと思ってるんですよ。 岡田:そういうのはテンションが上がったりすることの一つじゃないですか。
首藤:特に趣味がないので・・・。そうだね、音楽は好きですね。中古レコード屋で、ずっと欲しかったものが見つかるとうれしいです。

——この間、レコードが捨ててあったので、拾って来ました。

首藤:おれも絶対持って帰るな。何が入ってました?

——ビートルズが何種類も入っていたり。

首藤:当たりだ、それ。わかからない人は、捨てちゃうんですよね。値打ちが分かる人は絶対に売らない。だからレコードはなかなか流通しないんですよ。意外と世田谷のボロ市とか三宮の高架下で売ってる中に掘り出し物があったりして。ディスクユニオンとかちゃんとしたレコード屋に行っちゃうと価値がわかってるので、きちんとした値段がついちゃうんです。プレイヤーは持ってるんですか?

——はい、ポータブルの小さいのを。

首藤:これからどんどんレコードプレイヤーになっていきますよ。予言します(笑)。CDなくなってきちゃって、今、ビートルズも全部レコードで出し直してるので、来ますよ(笑)。そのうちミスチルもレコードでとか(笑)。なんて、ね。だったらいいなと思って(笑)。岡田君はお酒だよね。
岡田:そうです。お酒です。
首藤:いつもね、昼から飲みたがって。電話してくるんです。「今日は昼間、芝居観るから」と言っても、「じゃあ、何時頃には終わりますね!」とか言って。そんな昼間から飲める店ないだろうと思うと、見つけてきて。
岡田:昼間から飲める店、けっこうあるんです。
首藤:最近、めっちゃまずい居酒屋とか連れて行かれるんですよ。前はね、美味しい店もすごい知っていて、良い店連れてってくれたんですけど。仕切りのうまい誰よりも制作向きの役者と言われていたんですけどね(笑)。
岡田:最近、嗅覚がにぶってきたみたい。
首藤:どれもビックリするぐらいまずいなっていう店で、大笑いしながら食べたり飲んだりしてるよね。
岡田:だいたいそんな飲みです。

——毎日飲まれるんですか?

岡田:はい。ぼくははしごするのが好きなので。飲んで飲んですぐ次、って感じでだいたい三軒くらいは飲みっぱなしで。
首藤:せっかちなんですよ。「次どこ行きますか、次どこいきますか」って。ぼくはわりと一軒のお店でだらっと居られるんですけど。
岡田:一軒の店だとペースダウンするのがいやなんですよ。店変えると、また初めから飲めるから。そのペースでずっと飲み続けたい。
首藤:一緒に飲み続けてぼろぼろになって帰れなくなったとかよくありますから。
岡田:ぼくは知り合いを飲ませるのが好きかもしれないですね。飲んで楽しくなる人は、早く飲ませたくなっちゃう。わりとそうかもしれないなぁ。
首藤:女の人を飲ませればいいのにね。
岡田:女の人って、気使うじゃないですか。
首藤:なんか、いい人ぶっちゃって(笑)。

◇公演情報
東京ハートブレイカーズ
『サイレント・フェスタ』


作・演出◇ほさかよう
出演◇粟根まこと みのすけ 岡田達也 曽世海司 萩野崇 上山竜司 西山宏幸 須貝英 石川よしひろ 首藤健祐

4/25~29◎STAR PINE’S CAFÉ

<お問い合わせ>
東京ハートブレイカーズ制作部
thb_seisaku@me.com


BACK NUMBER
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り
BACK NUMBER_区切り